手汗 抑える 方法

手汗を抑える方法についてご紹介しています。
MENU

手汗を抑制するための手術

軽い手汗であればハンカチで拭いたり、まめに手を洗えば事足ります。
しかし重い手汗であれば、そうもいきません。

 

自律神経が原因であると診断され、職を変えざるを得なくなったり、様々な薬品を試したり、
ストレスを軽減させる手段を実行したりしても、結果に現れないという際には、
胸腔鏡下交感神経節遮断術という名の、最先端の治療法を試すという手段があります。

 

複雑な名称ですが、要するに交感神経を切る手術の事です。

 

手汗を完全にストップさせる手術

脳から生じる、発汗を促進するシグナルが交感神経に伝わり、
そのシグナルが汗腺に伝わり、手汗が生じます。
したがって胸腔鏡下交感神経節遮断術(別名:ETS手術)で、
手汗を発生させる神経を切れば、ほぼ100パーセント発汗をストップさせる事が可能です。

 

具体的に言えば、脇の下の肌を少々切り開いて、胸腔の中に二酸化炭素ガスを送り、
ガスの持つ圧力で、肺を僅かに移動させます。
肺が動いて生じたスペースに、電気メスが付いた内視鏡を入れて、
モニターを確認しながら、交感神経を切ります。

 

交感神経は右にも左にも存在するので、この手術はその両方に施します。
ちなみに、この手術を終えると、手汗に加えて、額や脇の下の発汗量も減ります。

 

副作用には気を付けましょう

胸腔鏡下交感神経節遮断術を施すと、
代償性発汗という名の副作用が生じやすいと言われています。

 

手汗がストップする反面、太ももやお尻、お腹や背中、胸などの
発汗量が増えるのが、この副作用の特徴です。

 

手汗に関する手術を望むのであれば、厄介な上記の副作用も考慮しなければなりません。
やはり手術は奥の手と言わざるを得ないでしょう。
各種の副作用が著しいと、手汗が止まったのに身体中の発汗で苦しむ、
という事態が生じかねません。

 

このページの先頭へ