手汗 抑える 方法

手汗を抑える方法についてご紹介しています。
MENU

ツボと呼吸法で手汗を抑制

呼吸法やツボ刺激は、手汗のブロックのために有効です。

 

交感神経に刺激が加わると、それが起因となって手汗が増えてしまいます。
ツボ押しをしたり、特別な呼吸法を採ったりすれば、
気持ちが落ち着き、手汗で悩まされにくくなるはずです。

 

手汗をブロックするツボ

・合谷(ごうこく)
親指と人差し指の骨がクロスする場所。
ここを反対の手の親指で押しましょう。
「5秒間押して、1秒間離す」というのが1セットで、これを5セット前後続けて下さい。

 

・労宮(ろうきゅう)
手のひらの中央に存在します。
手を握って、中指の先が触れる場所にあります。
「5秒間押して、5秒間離す」というのが1セットで、これを5セット前後続けて下さい。

 

半側発汗を活かして手汗をブロック

「圧力が掛かるとそちら側の発汗量がダウンし、
反対側の発汗量がアップする」という性質を人間の身体は備えています。
この現象は「皮膚圧反射」ですとか「半側発汗」などと名付けられています。

 

例えば、ウエストを測る位置から5センチ前後上方の箇所をロープできつめに縛ると、
上半身の発汗量をダウンさせる事が叶います。

 

顔汗をブロックする手段として有名なこの方法ですが、
実は手汗を軽減させる作用もあるのです。

 

腹式呼吸も有効

手汗をブロックするためには、自律神経の副交感神経を優位に立たせなければなりません。
腹式呼吸で、心身共にリラックスしましょう。
以下は、腹式呼吸の手順です。

 

1、背筋をきちんと伸ばし、力を抜く
2、お腹をへこませ、息を鼻からゆっくり吐く
3、吐き切ったら力を抜き、鼻から息をナチュラルに吸う

 

特に大切なのは「ナチュラルに息を吸う」事です。
3〜5セット繰り返せば、リラックスできて手汗の分量がダウンするはずです。
手汗 抑える

このページの先頭へ