手汗 抑える 方法

手汗を抑える方法についてご紹介しています。
MENU

冷え性なのに手汗や足汗をかく原因と対策

自律神経の変調のみならず、冷え性も発汗の原因になります。
手足が冷たいのに発汗量が多いという際は、冷え性による発汗を疑ってみましょう。

 

冷え性で手足からの汗が増える理由&ケア方法

身体が冷却されると、本能が働いて一気に身体を温めようとします。
ですから、冷えによって発汗量が増えるというのは実は自然な事なのです。

 

まずは、根本的なケアとして手足の血行を良化させる事を考えましょう。

 

そのために効くのは、足湯を行う事です。
まず足が温まり、血行が徐々に良化して身体全体の体温が上がっていきます。

 

また、さらに効果を高めたいのであれば、アロマオイルを足湯に混ぜると良いでしょう。
リラックス作用が高まり、発汗の誘因である緊張やストレスをさらに軽減する事が可能です。

 

入浴時に出来る事

風呂桶に冷水を入れます。
そして、普通に入浴して身体をポカポカにしたら、その冷水で手足を冷やします。
そして、もう1回入浴して体温を上昇させて、また冷やします。

 

これを何回か繰り返すと、手足の先の部位まできちんと血が流れるようになります。

 

手足の汗の放置は厳禁です

手足の汗を放っておくと、それが乾燥していく最中に体温が低下してしまいます。
そうなると、手足の先がどんどん酷くなっていってしまいます。

 

ですから、手足の汗はこまに拭き取って、
制汗用品を利用して、汗の制御に努めましょう。

 

店で買えるような、ごく普通の制汗用品でOKです。
正しく使えば、継続的に手足の汗を止めておく事も可能です。

 

まとめると「血流の良化に努めつつ、汗を拭きとって、制汗用品を用いると良い」
という事になりますね。
脇汗 抑える

このページの先頭へ